2014年08月12日

TOEIC Part3の特訓と自己紹介の添削結果

TOEIC特訓、2日目と3日目をやり終えました。

2日目と3日目はリスニングパートのPart3の特訓です(というほどボリュームはないのですが)。まずは会話が始まる前に問題を先読みするトレーニング。先読みが苦手なんですよね…なんか焦っちゃって。でもリスニングは1回勝負なので問題を先に把握しておけば聞き取れる量も増えるし、なんとか身につけなければ。続いてPart3の問題を利用して音読トレーニング。スクリプトを見ずにリピーティングするだけでも頭に汗をかきます。難しい…。いままでサボっていたのがはっきりとわかります。ひー。

ただ、3問しかないのでボリュームは全然足らないと思います。慣れてきたら前に買っていてこれもやり終えていない「TOEICテストリスニングBOX」でトレーニングしようかな。どれだけ買ってどれだけ放置してるのかという話ですが…
TOEICテスト リスニングBOX
中村 紳一郎 Susan Anderton 神崎 正哉 小林 美和
ジャパンタイムズ
売り上げランキング: 30,768

それにしてもカナダの発音が苦手です(-_-;) 出てくると焦ってしまう。イギリス発音はBBCなどで慣れてるし、オーストラリア英語もそんなに難しく感じないのですが、カナダはなぜか難しいー。英語に聞こえないー(>_<)うーん、慣れるしかないのでしょうね。

リスニングは最高でも450点しか取れていないので(満点は495点)、まず最初の強化ポイントはここだと思うんですよね〜。リーディングより満点が取りやすいと言うし。リーディングはいつも時間が15分くらい余るのでそんなにプレッシャーを感じないのですが、リスニングのプレッシャーが…。なのでこの1か月はリスニングメインでがんばります。

さて、先日提出した自己紹介の英作文の添削が返ってきました。指摘事項は6か所。凡ミスもあり、ネイティブはここではこの単語は使わないという指摘もあり…
先生からのコメントで、
  • 辞書以上の説明や、意味合いのちがいを理解しなければいけないレベルまで来ています。

  • 同じ意味の日本語を幾通りも英語で書くような練習をしてください。

  • 語彙力を増やして似たような文構造のセンテンスを英作文内で多用しない努力をしてみてください。

と指摘されたので、もっと深く広く語彙力や表現力を増やしていく必要があるようです。ボキャビルから逃げてばかりだから…シフトチェンジしなくてはいけませんね〜。

まずは添削内容をじっくり復習します。

posted by くらぽん at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。