2012年07月03日

「話すのが苦手」といっちゃダメ!

今日もスカイプ英会話をしました。

カランメソッドのレッスンは、先生が質問を2回繰り返し、それに対して完全な文で返す必要があります。
"Is this a yellow pen? Is this a yellow pen?"
"No, it isn’t a yellow pen, but it’s a green pen."
こんなかんじ。短縮形を使わないといけないというルールもあります。
それに対して答えていくのですが、頭では分かってもとっさにはでてこないー!
いつも「短縮形になってないよ」とか「aが抜けている」などと指摘がはいります(T_T)
簡単なのに話せない〜。だからこそ練習になる!ちょっとしたゲームのようで楽しいです。

今日でカランレッスンは6回目。ステージ1をやっています。テキストがないから進捗がわかりませんが。
どの位でおわるだろうかー。millionとかやりました。

いつもスカイプ英会話の初めにスモールトークをします。初めての先生だと名前をなのって、簡単な自己紹介をします。
「職業は?」と聞かれるので「I’m a translator.」と答えるのですが、とても驚かれます。やっぱり翻訳する人は英語できるというイメージがありますもんね(T_T)

そこで、"I’m not good at speaking English."と続けていたのですが、ある先生が、「そんなことは言っちゃダメ!」と言うのです。
「苦手だと思ってそれを口に出していると、本当に苦手になる。だからポジティブに考える必要がある。もっとスキルアップしたいから学ぶんだ、と考えをチェンジするのよ!」とアドバイスをいただきました。
それ以降は "I will improve my speaking skill." というようにしています。
(I’d like to ... とか I want to ... じゃなくて、will をつけるのよ!というアドバイスもいただきましたw)

苦手だから克服したいという気持ちでしたが、確かに苦手苦手と言い続けていると、無意識に刻み込まれる可能性が高まります。

心理学系の書籍によると、脳は否定形が認識できないそうです。
「失敗しませんように」と考え続けていると、脳は「失敗」の部分だけ理解してしまうので、結果として失敗しやすくなるのだとか。だから「成功しますように!」とか「自分ならやれる!」と考えるのがいいのですね。

先生のアドバイスをもとに前向きにがんばります。

【2012/07/02の学習記録】
・Podcast多聴 30分
・e-Friend 60分
posted by くらぽん at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。