2012年09月06日

音声トレーニングのやりかた

ブートキャンプで音声トレーニングのやり方を習ってきたので、それに従って勉強計画を立てています。

ブートキャンプで習ったトレーニング方法とは、まず
「質のリスニング」と「量のリスニング」に分ける
質のリスニングとは、ディクテーションやシャドーイングなどを使って深く聞くこと、
量のリスニングとはいわゆる多聴のことです。

質のリスニングのやりかたはこんなかんじです。
・何度か聞く
・ディクテーションをする
・わからなかった部分をスクリプトに書き込む
・テキストを見ながらシャドーイング、オーバーラッピング
・音読
・テキストを見ずにシャドーイング
→ 音のシャドーイングから意味のシャドーイングへ

ブートキャンプ前に、音読100回(シャドーイング、オーバーラッピング、暗唱を交えて100回やりました)が効果があったので、他の教材もこれでやってみようと思っています。
まずはヒアリングマラソンの中から、一分前後のトラックを選んでそのディクテーションをしてみました。
シェークスピアの劇の話だったので固有名詞が分からない(>_<) でも、それ以外のところはだいたいんできたので良しとしましょう。これから音声トレーニングで自分のものにします。

スカイプ英会話では、宅配便が届かなかったことに対する愚痴を先生にぶつけたあと(w
世間話で盛り上がりました。大抵同じ先生を取っているので、毎日話しているためか、もうかなりお友達っぽく楽しくできています。あまりに馴染みすぎて、先生が "Is it OK?" と聞いてきたところ、「はい」と日本語で返事してしまった(>_<)
毎日、英会話レッスンも英作文も楽しくやっております。

アルコムワールドの方では、ノブレス・オブリージュについて書きました。
英語を少しでも使える私たちは「ノブレス」であるというお話です。
Nobless Oblige

それから、今日はTwitterでKhan Academyというサイトを教えてもらいました。小学校から大学までの理数系の勉強が無料でできるすごいサイト!ちょうど数学をやり直したかったのでちょうど良いかも…。
英語も聴き取りやすいし、隙間時間に楽しく勉強できそうです。
Khan Academy

【2012/09/05の学習記録】
・スカイプ英会話 60分
・英作文 30分
・Podcast 多聴 30分
・ヒアリングマラソン ディクテーション 30分
・ボキャビルマラソン 60分
・Khanでお勉強 40分
posted by くらぽん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。