2012年06月22日

違いを調べるのが面白くなってきた

iknowなどで単語を覚えるうちに、どうしても気になるのが用語の使い分けです。
一般的に英語と日本語の対訳で覚えさせる単語帳が多いものの、似たような意味のニュアンスがつかみにくい。

例えば、「認める」という単語。
ぱっと思いつくだけでも、recognize、admit、acknowledge、ownなどあります。
どう使い分けたらいいのだろう?

そこで少しずつ英英辞典などで調べるようにしました。
この記事はiPhoneから書いているので紹介できませんが、調べたら公開しますね。
ニュアンスが気になるようになってきたということは、ひとつステップアップしたということかな!

【2012/06/21の学習記録】
・iknow 20分
・ボキャビルマラソン 50分
posted by くらぽん at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違いを調べるのが面白くなってきた

iknowなどで単語を覚えるうちに、どうしても気になるのが用語の使い分けです。
一般的に英語と日本語の対訳で覚えさせる単語帳が多いものの、似たような意味のニュアンスがつかみにくい。

例えば、「認める」という単語。
ぱっと思いつくだけでも、recognize、admit、acknowledge、ownなどあります。
どう使い分けたらいいのだろう?

そこで少しずつ英英辞典などで調べるようにしました。
この記事はiPhoneから書いているので紹介できませんが、調べたら公開しますね。
ニュアンスが気になるようになってきたということは、ひとつステップアップしたということかな!

【2012/06/21の学習記録】
・iknow 20分
・ボキャビルマラソン 50分
posted by くらぽん at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。